10年後、20年後、その先の未来のために、健全な歯を多く残しましょう

定期的に検診を受けることで、むし歯や歯周病を予防することが出来ます。
また早期発見、早期治療に繋がりますので、結果的に、将来健全な歯を多く残すことになり、いつまでも美味しい食事を楽しむことができます。
(人によっては入れ歯にすることで、味覚の変化が起こることがあります。)

病気の予防にもなりますので、ぜひ定期健診を受けましょう。


検診率が高いほど、将来の残存歯数は多い

世界で一番予防が進んでいるスウェーデンでの定期受診率は大人で80%~90%、またアメリカでも70%と高い受診率となっております。それに対して、日本の定期受診率はたったの6%という低い水準です。



このように日本人の歯の関心度は他の先進国に比べてとても低いのが実情です。その結果、70歳時点においての歯の残存数にこれだけ大きな差が生まれるのです。「年齢を重ねたら総入れ歯になるのが当たり前」という考えの先進国は日本だけです。

歯周病は全身疾患に影響を及ぼすことがあります

最近の研究で歯周病が全身疾患(糖尿病、動脈硬化、認知症等)に影響を及ぼすことが明らかになっています。


お問合わせ先  03-3428-2955

.